業務内容

測量部門

測量は、公共事業の前段として、事業地の地形又は各物体等の位置関係を測定し、設計や施工そして管理などに必要となる資料や図面等の作成を行います。

基準点測量

河川測量
基準点測量 電子基準点や三角点などの既知点に基づき、新たな基準点の位置を正確に求める。
水準測量 既知点に基づき、新点となる水準点までの比高を観測し、標高を求める測量。
地形測量 土地の起伏の状況や、自然物及び人工物の位置と形状を測定し、地形図を作製する測量。
路線測量 道路、鉄道などの交通路や上下水道、かんがい、用排水路などの計画や設計を行うための測量。
河川測量 河川の形状、水位、深浅、断面、勾配等を測定し、平面図・縦断面図・横断面図などの作成や流速、流量などを調査する作業。
各種台帳作成 道路台帳、河川台帳、下水道台帳整備等に関わる作業。

設計部門

自然との調和を図り、地域の「安全・安心・快適」、「コスト縮減」に取り組み、設計しております。

歩道・駅前広場設計

護岸設計(河川災害)
道路 道路線形・路線の選定・付帯構造物の設計
都市整備 区画整理・公園・下水道の設計
橋梁 道路・河川・鉄道・歩道等の鋼橋・PC・RC桁の計画及び設計
トンネル 道路・鉄道・水路トンネルの計画及び設計
河川・砂防 河川施設計画・砂防施設計画及び設計
コンクリート構造物 橋梁下部工・カルバート・擁壁・地下道等コンクリート構造物の計画及び設計
土質・基礎 土質・基礎に関わる計画及び設計
※上記設計等に必要な調査含む

補償部門

公共事業に必要な事業用地内にある土地選びに、建物等や営業などの諸権利の消滅等の補償額の調査算定等を行います。

土地の測量

立竹木調査
土地調査 土地境界線確認,土地の測量、権利調査などを行い、平面図等を作成し、土地の補償すべき対象を明確にする調査。
土地評価 土地の評価のための同一状況地域の区分及び土地に関する補償金算定業務、また、残地等に関する損失の補償に関する調査及び補償金額の算定。
物件補償 道路及び河川の整備等において、移転の対象となる、木造・非木造建物、木造特殊建築物、一般工作物、立竹木等に関する調査及び補償金額の算定。
機械工作物補償 機械設備・生産設備及びその生産工程の調査及び補償金額の算定。
営業・特殊補償 事務所・店舗・工場等の営業補償に関する損失の調査及び補償金額の算定。
事業損失 公共事業の事業施行中及び事業施行後の地盤変動及び日陰等により生ずる損害等又は、建物等の損傷や井戸の水位等に関する調査及び費用負担額の算定。
補償関連 事業に対する地域住民の意向に関する調査及び公共事業の施行に伴い講じられる生活再建のための措置に関する調査、補償説明及び地方公共団体等との補償に関する連絡調整業務及び事業認定申請図書の作成等。
総合補償 公共用地取得計画図書の作成業務・公共用地取得に関する工程管理業務・補償に関する相談業務・関係住民等に対する補償方針に関する説明業務・公共用地交渉業務。
土壌汚染 第一段階調査として法令関係資料の調査、現地踏査、都道府県政令市の環境担当部局及び地元自治体に対する聞き取り等調査を行います。その後、第二段階調査が必要となった場合にはさらに詳細な調査を行います。

登録番号12016
[登録証(PDF)]


認証番号
第150144号
[認証証(PDF)]